STEP4:AWS EC2で起動したサーバにSSH接続しよう!#AWS


起動しているEC2のインスタンスに対して、初めてSSH接続を行います。

1.起動したインスタンスに、SSH接続

AWSコンソールの、情報の中に「パブリック DNS」という値があるので、そのドメインを利用してSSHで接続してみます。
「パブリック DNS」は、AWSのDNS機能で自動で割り当てられるドメインです。

接続は、SSHクライアントを利用してもよいですし、ターミナルでも構いませんが、今回はいつも利用している「iTerm2」から接続します。

下記が接続方法です。

$ ssh -i <xxxxx.pem> <ドメイン>                             

 

先ほど作成し、ダウンロードしてあるキーが保存されているディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行します。
接続するアカウントは最初は「ec2-user」らしいです。

$ ssh -i <xxxxx.pem> ec2-user@ec2-52-68-58-242.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com                              

このようなメッセージが出ちゃいました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@         WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!          @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Permissions 0640 for 'xxxxx.pem' are too open.
It is required that your private key files are NOT accessible by others.
This private key will be ignored.
bad permissions: ignore key: xxxxx.pem
Permission denied (publickey).

パーミッションの設定がセキュリティ上良くないとのことなので、変更をします。

$ sudo chmod 600 xxxxx.pem                                                                                   Password:

$ ll xxxxx.pem                                                                                                                
-rw-------@  1 kanako  staff  1692  9 12 17:59 aws-ticklecom.pem

再度試してみましょう。

$ ssh -i xxxxx.pem ec2-user@ec2-52-68-58-242.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com                            

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2015.03-release-notes/
7 package(s) needed for security, out of 19 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.

 

無事ログイン成功です!

 

前回の記事は、「STEP3:EC2でサーバを起動してみよう!」

次は、「STEP5:EC2に独自ドメインを設定しよう!」

AWSおすすめ書籍

AWSの勉強で参考になった書籍です!

AWSで質問したいことがある!

Teratail(テラテイル)

WEBエンジニア専用のQ&Aサイトです。AWSに関しての質問や回答も活発に行われています。ぜひ、会員登録をして利用してみると良いと思います(^o^)

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】