STEP5:Amazon Route 53 で、EC2に独自ドメインを設定しよう!#AWS(Amazon Web Services)


STEP1 : 取得したいドメインを調査しよう!で取得しておいたドメインを、「Amazon Route 53」という、クラウドドメインネームシステム(DNS)を利用して設定してみたいと思います。

DNSは、IPアドレスとドメインを変換してくれる機能です。
これで、EC2のインスタンスに独自ドメインを設定できます。

1.「Route 53」の設定

「アマゾン ウェブ サービス」のメニュー一覧に表示されている「Route 53」をクリックします。

001

 


今回は、既にムームードメインでドメインを取得済みなので、「DNS Management」の「Get Started Now」をクリックします。
もちろん「Route 53」でもドメインは取得することができます。

002


 

「Create Hosted Zone」をクリックします。

003


 

取得済みのドメインを入力します。
コメントは適当に入力して「Create」をクリックします。
004


2.「Aレコード」を設定

引き続いて「Aレコード」の設定を行います。「Aレコード」は、ホストのIPアドレスを意味します。
対象のドメインを選択して「Go to Record Sets」をクリックします。

005


「Create Record Set」をクリックすると、設定が可能になります。

「Type」の「A – IPv4 address」を選択して、パブリックIPを入力、「Create」をクリックします。

005-1


作成された情報が確認できます。
「Name server」のリストが表示されています。
この情報を、ムームードメインの管理画面で設定していきます。

005-2


3.ムームードメインに設定

ムームードメインにログインします。

【ドメイン管理 > ドメイン操作 > ネームサーバ設定変更】から、該当のネームサーバ設定変更をクリックします。

006


先ほど「Route 53」で表示されたいたネームサーバを設定します。

007


008


4.正引きの確認

先ほど登録したDNSの情報が正しく設定されているか「dig」コマンドを利用して確認します。
「dig」コマンドネは、DNS(ネームサーバ)に対して問い合わせを行って、その結果を表示するコマンドです。
「ANSWER SECTION」で、「A」の表示の横にパブリックIPが表示されているので、どうやら正しく設定されているようです。

$ dig pgnyumon.com                    
                                                                               [~/tickle_dev]
; <<>> DiG 9.8.3-P1 <<>> pgnyumon.com
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 57135
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 4, ADDITIONAL: 4

;; QUESTION SECTION:
;pgnyumon.com.          IN  A

;; ANSWER SECTION:
pgnyumon.com.       300 IN  A   52.68.58.242

;; AUTHORITY SECTION:
pgnyumon.com.       172800  IN  NS  ns-1245.awsdns-27.org.
pgnyumon.com.       172800  IN  NS  ns-906.awsdns-49.net.
pgnyumon.com.       172800  IN  NS  ns-1550.awsdns-01.co.uk.
pgnyumon.com.       172800  IN  NS  ns-298.awsdns-37.com.

;; ADDITIONAL SECTION:
ns-298.awsdns-37.com.   153737  IN  A   205.251.193.42
ns-906.awsdns-49.net.   35529   IN  A   205.251.195.138
ns-1245.awsdns-27.org.  153802  IN  A   205.251.196.221
ns-1550.awsdns-01.co.uk. 153845 IN  A   205.251.198.14

;; Query time: 70 msec
;; SERVER: 172.16.101.1#53(172.16.101.1)
;; WHEN: Sat Sep 12 22:23:19 2015
;; MSG SIZE  rcvd: 247

 

5.独自ドメインにSSH

本当に接続できるかSSHを実行してみましょう。

$ ssh -i xxxxxx.pem ec2-user@pgnyumon.com                                                                     
Last login: Sat Sep 12 13:07:56 2015 from ofsfx-11p8-103.ppp11.odn.ad.jp

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2015.03-release-notes/
7 package(s) needed for security, out of 19 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.

 

やった!!成功です(´∀`)

 

前回の記事は、「STEP4:EC2で起動したサーバにSSH接続しよう!」

次の記事は、「STEP6:EC2のインスタンスを、固定アドレスに変更!」

AWSおすすめ書籍

AWSの勉強で参考になった書籍です!

AWSで質問したいことがある!

Teratail(テラテイル)

WEBエンジニア専用のQ&Aサイトです。AWSに関しての質問や回答も活発に行われています。ぜひ、会員登録をして利用してみると良いと思います(^o^)

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】