はじめようアプリ開発!!1/21・22日の2日間集中講座!Swiftハンズオンセミナー開催します!! #swiftbg #swift #iPhone

Pocket
LINEで送る

iPhoneアプリをよく使っていると「こんなアプリをどうやって作るんだろう!?」と興味が湧いてきませんか?
プログラミングを学びたいのだけど、何から学んで良いかわからない・・・
そんな方にピッタリの講座を開催します!
今年は、使う人から「作る人」に変身しましょう 💅

🔰「これからつくるiPhoneアプリ開発入門(Swift3.0 + Xcode8対応)」の執筆陣が徹底サポートを行なうハンズオンセミナーを開催します。

このセミナーの特徴は、初心者の方が独学で学習して数ヶ月かかることを数日で習得してもらうことです。
学習において、もっとも時間のかかる入門から初級スキルまでの学習時間を劇的に短縮することができます。
Amazonモバイルプログラミング部門(2016年10月時点)ベストセラー1位の書籍「これからつくるiPhoneアプリ開発入門(Swift3.0 + Xcode8対応)」の
執筆陣が丁寧にサポートを行なうので、プログラミング未経験の方でもアプリ開発を楽しみながらチャレンジしていただけます。

📚 本セミナーの採用書籍

「これからつくるiPhoneアプリ開発入門(Swift3.0 + Xcode8対応)」を教材としてハンズオンセミナーを開催いたします。
この書籍は、「iOSアプリを作ってみたい、すべての初心者が、体験しながら学べる入門書」です。

本書籍は、中学生以上を対象かつ、プログラミング未経験の方を想定して構成とライティングを行った書籍です。
当日は、MacさえあればiPhoneアプリ開発をスタートしていただけます。

😀 Amazon書籍レビュー

Swiftの入門書として最高の参考書だと思います。
これまでプログラミングというものに全く触れてこなかった人でも、xcodeというエディタ、Swiftという言語がどのようなものなのかを十分に理解出来るはずです。
多くのプログラミングの参考書や解説サイトの中には「このコードを書けば、この動作が出来ます。」「ここでは〇〇と記述し、あとで解説します。」などコードの記述方法を書き、”何故”そのように記述しなければならないのかを省略したものが間々あります。
しかし、この本ではデリゲート、アンラップといった初心者が最初に抵抗を感じるあろう部分を使うたびに、わかりやすく、丁寧に解説してくれます。ちょっと丁寧すぎるくらいです。笑
ただSwiftを書けるだけでなく、”何故そう記述するか”を理解することができる本です。

詳しくは書籍の公式サイトをご確認ください。

Pocket
LINEで送る