Amazon AWS ES2 LinuxへのMySQLインストールと接続確認| Webサービスを開発しよう!STEP15 #aws #mysql

AWS ES2 の Amazon Linux(AMI)へのMySQLインストールと接続確認| Webサービスを開発しよう!STEP15 #aws #mysql

今回は、AWS ES2 の Amazon Linux(AMI) へ MySQL のインストールをします。また、MySQL への接続も確認したのちに、データベースも作成します。
続きを読む

AWS(Amazon Linux)へ rbenv と ruby-build を使って、Ruby + Ruby on Rails のインストールをしよう!|Webサービスを開発しよう!STEP9 #aws #ruby #rails

AWS(Amazon Linux)へ rbenv と ruby-build を使って、Ruby + Ruby on Rails をインストールしよう!|Webサービスを開発しよう!STEP9 #aws #ruby #rails

今回は、前回までにAWSで構築したAmazon Linux(AMI)に、RubyとRailsのインストールを行ってみます。
「rbenv」 + 「ruby-build」を利用してインストールします。
「rbenv」は、ディレクトリ毎に簡単に、rubyのバージョンを指定したり切り替えたりできるツールで「ruby-build」は「rbenv」のプラグインとしてインストールを行い、rubyをビルドするツールです。

続きを読む

STEP8:Amazon EC2インスタンス(AWS )に、Mosh(Mobile shell)で接続しよう!#AWS

前回の、「STEP7:EC2インスタンスに、SSH公開鍵を登録しよう!」までで、EC2の独自ドメインにSSHができるようになりました。
ただ、SSHですとすぐに切断が途切れてしまします。他の作業をしていて再度ターミナルに戻ると切断されていたり、パソコンがスリープ状態になった後も切断されたりしますので、とても不便です。
その問題を、改善してくれるのが「Mosh」です。

続きを読む

AWS EC2インスタンスに、SSH公開鍵を登録しよう!|Webサービスを開発しよう!STEP7 #Rails #devise #AWS

AWS EC2インスタンスに、SSH公開鍵を登録しよう!|Webサービスを開発しよう!STEP7 #Rails #devise #AWS

今まで、キーペアファイルを使って次のように AWS EC2インスタンス へアクセスしていました。

ssh -i xxxxx.pem ec2-user@pgnyumon.com

ただ、いつもキーペアファイルを指定するのは不便なので、SSH接続用のアカウントを新規作成して、そのアカウントに、SSHの公開鍵をAWS EC2インスタンス に登録してログインできるようにしたいと思います。

続きを読む

AWS独自ドメイン設定|ムームードメインをAmazon Route 53でEC2に設定|Webアプリケーションを開発しよう!STEP5 #AWS #独自ドメイン 

AWS独自ドメイン設定|ムームードメインをAmazon Route 53でEC2に設定|Webサービスを開発しよう!STEP5 #AWS #独自ドメイン 

今回は、Webサービスを開発しよう!STEP5:AWS独自ドメイン設定です。

AWS独自ドメイン設定STEP1:取得したいドメインを調査しよう!で取得した独自ドメインを、「Amazon Route 53」という、クラウドドメインネームシステム(DNS)を利用して設定します。

DNSは、IPアドレスとドメインを変換してくれる機能です。これで、EC2のインスタンスに独自ドメインを設定できます。

続きを読む