本書のご紹介と目次の公開


 この書籍は、「iOSアプリを作ってみたい、すべての初心者が体験しながら学べる入門書」です。

swiftbook2017

 iOSはAppleがMac OSをベースに開発したiPhone、iPad、iPod Touch向けのモバイルOSです。

 執筆陣は本書の構成段階からハンズオンセミナーを開催し、たくさんの初心者の方々の声をまとめ各レッスンを構成しました。

 各レッスンごとに、ハンズオンセミナー開催後に、参加者の方々からフィードバックをいただく時間を設け、iOS開発の初心者の方々がわからないポイントはどこで、どの操作でつまずくのかを丁寧に調査しました。

 また、執筆陣が「Swiftビギナーズ倶楽部」というコミュニティを継続開催する中で、プログラミング自体が初めての方からも、たくさんのご意見を取り入れています。初心者が最初の一歩を踏み出す書籍を目指しています。

 その結果、プログラミングを通して、モノづくりの楽しさを体験していただけるように、少しずつ階段を登っていく体験を重視した構成にしました。

 本書のコンセプトは「まずは体験してみて、その経験を生かして学んでいく」です。

 難しいプログラミング文法の説明は極力最小限にまとめ、多くのサンプルアプリの開発を体験してもらうことで、最短距離でアプリ開発の「勘所」がつかめるように工夫しました。

 執筆陣は、iOSアプリ開発者、勉強会の開催や、セミナーの講師、イベントでのスピーカーなど多彩な経験者で構成されています。

 これからiOSアプリを制作される方のために、思いを込めて執筆しました。

 ようこそ、iOSアプリ開発の世界へ。

2017年11月晴天の日
藤 治仁 & 小林 加奈子 & 小林 由憲

本書の目次

Day1 Lesson1 はじめてのアプリを開発する前に知っておこう

  1. プログラミングを体験から学んでいこう
  2. あらかじめ挫折しそうなポイントを押さえておこう
  3. アプリ開発をするなら知っておこう! 〜WWDC、手数料、課金方法〜
  4. Swift(スウィフト)を知ろう
  5. Playground(プレイグラウンド)を知ろう

 

Day1 Lesson2 アプリ開発の環境を整えて、Xcode の使い方を学ぼう

  1. 開発するために必要な準備をしよう
  2. Apple ID を取得しよう
  3. Xcode をインストールしよう
  4. Xcode を起動して、プロジェクトを作成しよう
  5. Xcode をより使いやすくするための設定をしよう
  6. 「Hello Swift!」と表示してみよう

 

Day1 Lesson3 じゃんけんアプリを作ろう―Swift の基本を学ぶ―

  1. 完成をイメージしよう
  2. プロジェクトを作成しよう
  3. 必要な部品を配置しよう
  4. 部品の表示位置、幅、高さを設定しよう
  5. 部品とプログラムを関連付けしよう
  6. じゃんけん画像を切り替えよう
  7. [ステップアップ]アイコンを設定しよう

 

Day1 Lesson4 音楽アプリを作ろう―音の扱い方を学ぶ―

  1. 完成をイメージしよう
  2. シンバルとギターを配置しよう
  3. タップで音を鳴らそう
  4. [ステップアップ]リファクタリングで見通しを改善しよう
    理解度チェック! 学んだことを整理しよう!

 

Day1 Lesson5 マップ検索アプリを作ろう―UI パーツとdelegate―

  1. 完成をイメージしよう
  2. 画面を作成しよう
  3. マップ検索アプリの動作をプログラミングしよう
  4. [ステップアップ]マップの種別(航空写真など)を切り替えできるようにしよう
    理解度チェック! 学んだことを整理しよう!

 

Day2 Lesson1 タイマーアプリを作ろう―画面遷移とデータの永続化―

  1. 完成をイメージしよう
  2. Storyboard でレイアウトを作ろう
  3. タイマー画面を作成しよう
  4. 秒数設定画面を作成しよう
  5. [ステップアップ]タイマー終了後にアラートを表示しよう

 

Day2 Lesson2 カメラアプリを作ろう[前半]―カメラとSNS 投稿―

  1. 完成をイメージしよう
  2. 画面を作成しよう
  3. カメラを起動しよう
  4. SNS 投稿を作成しよう
  5. [ステップアップ]フォトライブラリーから写真を取り込めるようにしよう

 

Day2 Lesson3 カメラアプリを作ろう[後半]―エフェクト機能の追加―

  1. 完成をイメージしよう
  2. 不要になったボタンを削除して、新しく画面を追加しよう
  3. エフェクト画面を作成しよう
  4. [ステップアップ]エフェクトの種類を増やそう

 

Day2 Lesson4 お菓子検索アプリを作ろう―Web API とJSON の使い方を学ぶ―

  1. 完成をイメージしよう
  2. Web API とJSON について学ぼう
  3. Search Bar、Table View を配置しよう
  4. キーワードを入力してお菓子データを取得しよう
  5. 取得したお菓子データをTable View で一覧表示してみよう
  6. [ステップアップ]お菓子の一覧をタップしてWebページを表示してみよう