[Xcode]iPhoneの実機テストエラー・ビルドエラーの一覧と対処方法

Xcode・SwiftでのiPhone実機テストエラー、ビルドエラーの一覧と解決方法

Xcode・SwiftからiPhone本体へアプリを転送(実機転送)した時や、ビルドした時にエラーメッセージが表示されることがあります。
エラーメッセージの内容応じて、解決方法を記載いたしますので、参考にしてください。

この記事にはないエラーで困っている方は、TwitterでDMを頂けると回答できます😊

 TwitterでのDMはこちら

続きを読む

Xcodeで「Failed to register bundle identifier」「No profiles for ‘XXXXX’ were found」エラーへの対応

Xcode10で「Failed to register bundle identifier」エラーへの対応

Xcode10 で Team(チーム) の設定をしたあとに、よく表示されるエラーメッセージとして、「Failed to register bundle identifier.」があります。エラーメッセージの内容と対応方法を記述します。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関してのエラー対応として記載しています。

※最新版の書籍は、次のページをご確認ください。

続きを読む

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

Xcodeをはじめて使う人にとって、iPhone画面のUIパーツとプログラムコードとの関連付け(紐付け)は、とても理解が難しいと思います。
関連付けと、その削除方法を動画で解説しました。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関して記載しています。

※最新版の書籍は、次のページをご確認ください。

続きを読む

Use_of_unresolved_identifier

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)

Xcode10で、「Use of unresolved identifier ‘answerImageView’; did you mean answerImageView?」というエラーが表示されたときの対応です。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関してのエラー対応として記載しています。

※最新版の書籍は、次のページをご確認ください。

エラーメッセージの「Use of unresolved identifier」は、日本語では「未解決の識別子の使用」という意味です。
今回の場合は、「answerImageView」という識別子(この記事では変数という呼び方)が、宣言されていない(Xcodeで認識されていない)のに、いきなり使用されている!ということへのエラーです。ここでの使用とは、変数への代入や参照です。

エラーの原因の大部分は入力ミスです。Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別します。落ち着いて、打ち込んだスペルを確認します。

UIパーツとの関連付けで入力ミスがないかを確認

Xcodeでは、UIパーツと関連付けすることで、UIパーツを操作するための変数を宣言します。このときに、関連を示す名前が間違って入力されていることがあります。

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)

例えば、②の「answerImageView」で、「Image」 の 「I(アイ)」 は 「i(アイ)」 の大文字です。 「l(エル)」 ではありません。
もし、関連付けでミスがあった場合は、関連付けを削除して、再度、設定をやりなおします。関連付けの削除は、本書のP105に掲載されていますので、参考にしてください。

追加したコードのスペルに入力ミスがないかを確認

Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別しますので、正確に入力する必要があります。

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)

「answerImageView.image」で、関連付けした変数を利用してますが、このときに、入力が間違えているとエラーになります。
このように宣言した変数と実際に利用するときの変数の名前が、間違っていないのかをよく確認する必要があります。

まとめ: Use of unresolved identifier エラーへの対応

  • UIパーツとの関連付けで入力ミスがないかを確認する
  • 追加したコードのスペルに入力ミスがないかを確認する
  • Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別されるので確認する

このページには掲載されていない、新しいエラーメッセージが表示されたときは、問合せページよりご連絡ください。
また、このページに従って対処したが、エラーメッセージが解消されない場合もご連絡ください。
 お問合せページはこちら

動画で学習したい方は、次のUdemy講座がおすすめです。基礎から学習できるので、本書と合わせて学習するとより効果的でしょう。
Udemy講座は、頻繁にセールスがおこなわれているので、価格をチェックしてみてください。
 Udemy講座:「【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp」 の価格をチェックする

iPhone アプリ開発講座のプログラミングスクールを開催中!

書籍「たった2日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座」を活用した、ハンズオン(手を動かす体験学習)形式のスクールを開講しています。

書籍の執筆陣が直接にご指導しますので高い受講体験を得ることができ、初心者の方がつまづきやすい、最初の学習期間を大幅に短縮することができます。
個人でアプリ開発をしたい方から、企業様の研修まで幅広く受講できますので、ぜひ、ご活用ください。

Xcodeのプロジェクトフォルダの探し方と関連ファイルの圧縮方法について

Xcodeのプロジェクトフォルダの探し方と関連ファイルの圧縮方法について

Xcodeでアプリを制作中に警告やエラーメッセージが表示されたときに、だれかに相談することがあると思います。そのときに、「プロジェクトファイルを送ってください」や「プロジェクトフォルダを丸ごと、この場所にコピーしてほしい」と言われることが多いです。

次の手順であれば、Xcodeのプロジェクトファイルにすばやくアクセスできて、ファイルを引き渡すことができます。
続きを読む

はじめようアプリ開発!!1/21・22日の2日間集中講座!Swiftハンズオンセミナー開催します!! #swiftbg #swift #iPhone

iPhoneアプリをよく使っていると「こんなアプリをどうやって作るんだろう!?」と興味が湧いてきませんか?
プログラミングを学びたいのだけど、何から学んで良いかわからない・・・
そんな方にピッタリの講座を開催します!
今年は、使う人から「作る人」に変身しましょう 💅

続きを読む

1/19(木) 【「これからつくるiPhoneアプリ開発入門」の執筆陣が話す、iPhoneアプリ開発の学び方と楽しみ方】イベントで講演します!

あけましておめでとうございます🎍
2017年もよろしくお願いいたします。

🎤 三省堂書店池袋本店様で出版イベントを行います。

 昨年、「これからつくるiPhoneアプリ開発入門 〜Swiftではじめるプログラミングの第一歩」を出版いたしました。
お陰さまで、多くの方にご好評いただき、Amazonモバイルプログラミング部門でベストセラー1位をいただきました

出版イベントとして、1月19日(木)に、三省堂書店池袋本店 書籍館4Fイベントスペースにて【「これからつくるiPhoneアプリ開発入門」の執筆陣が話す、iPhoneアプリ開発の学び方と楽しみ方】という内容で講演を行います

✅ イベント内容

執筆陣が 楽しみながらプログラミングを勉強したり、アプリ開発を継続して行なう方法 をお話します。

・アプリ開発をはじめたいのだけど、どんな本から初めて良いのかわからない。
・プログラミングを勉強し始めたのだけど、勉強の仕方がわからない。

このようような方に向けて、アプリ開発やプログラミングの学習方法をお話します。
楽しみながら継続して学習を進める方法のアイデアがいっぱいのトークセッションです。
これからiPhoneアプリを作っていきたい人にとってはとても有益な情報が得られることと思います。
また、独学でプログラミング学習を進めているけど、行き詰まっている方のヒントにもなる内容です。
 執筆陣は出版を企画する段階でも、たくさんの書籍を読んで調査しました。
その経験を活かして、コメント入りのおすすめ書籍のリストをお渡しいたします。
また、都内でのiPhoneアプリのおすすめ勉強会やイベントの資料も配布されます。こちらは参加者の特典として配布されます。
イベントの最後には質疑応答や書籍へのサイン会も行われます。

😊 次のような方に、おすすめのイベントです。

これからアプリ開発をはじめたい方。
プログラミングの経験がない方。
学生、OL、年配の方。

🎁 参加者の方には、次の資料をプレゼントします。

・ブックレビュー
 - iOS開発を学習するのにお薦めの書籍
 - レベルに応じたお薦めの書籍
・都内で開催されている勉強会情報
・オンラインで学習できるコンテンツ

🕔 タイムスケジュール

18:45 – 19:00 受付
19:00 – 19:30 登壇者紹介、書籍の紹介、本イベントの概要
19:30 – 20:10 執筆陣によるトークセッション
20:10 – 20:20 ブックレビュー and コミュニティ紹介
20:20 – 21:00 質疑応答、サイン会

💡 申し込み方法

参加費:500円
参加券の予約方法:電話または三省堂書店池袋本店 書籍館4階レジでの受付
予約電話番号:03(6864)8900(電話受付時間10:00~22:00)
Facebookイベントページでも受付中

三省堂書店池袋本店のイベントページも合わせてご確認ください。
三省堂書店池袋本店特設サイト イベント申し込みページ

Swiftで遊ぼう!Swift Playgroundsやってみた! #swiftbg

2016年6月に、AppleからiPad向けのプログラミング学習アプリケーション「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンド)」が発表されました。
iPadをタッチして操作することができて、プログラミング初学者や学生でも、楽しくSwiftを学べるアプリケーションです。

現在は、iOS10 bataで利用可能なので、現時点でのiPadへの導入方法と、操作方法をメモしたいと思います。

続きを読む