STEP1 : 取得したいドメインを調査しよう!#AWS


ドメインを取得して、Webアプリケーションを開発しよう!

これから、自力でWebアプリケーションを開発したいと思います(^-^)ゞ
そう思い立った時、私達はまず、何をしなければいけないのでしょう?

制作するWebサイトの競合調査、キーワード調査、ドメインの決定、ドメインの取得・・・etc、挙げられる工程は山のようにあります。

今回、目標とするところは、「独自ドメイン取得」+「Rails」+「AWS」+「GitHub」+「Capistrano」の構成でWebアプリケーションを運用できるまでを共有していければと考えてます。
長い道のりになるかと思いますが、自分のプロダクトを開発したいという方に向けて、少しでも有益な情報になればと思い、これからの工程を記録させていただきます!

これから、ひとつずづ、取り組んだ過程を共有していきたいと意気込んでます。
ただ、上手くいかないこと、見当外れなこともたくさんあると思います、、、が、出来る限り有益な情報を記載していければと思います。

 

まず、取り組んだことは・・・

1.ドメインを決定する!

今回、ドメイン取得は、ムームードメイン で行いました。

ドメインを取得しよう!

取得したいドメインを入力して、検索します。

001

「〜.com」「〜.red」などがある中で、取得できるドメインは◯で表示されます。
これで、取得できる・できない、ドメインを調べることができます。

ただ、取得可能だと喜ぶ前に、2つしておきたい調査があります。

 

2.取得したいドメインの過去を調べる

取得可能なドメインが新規のものとは限りません。
もしかしたら、過去に使用されていた中古のドメインである可能性があります。
もちろん、今は、取得可能になっているので問題ないように思われますが、もしかしたら、過去にはあまり良いサイトとして運用されていなかったかもしれません。
その、過去はキャッシュを調べれば、分かります。

それを調査できるサイトは、こちらです。

002

新規のサイトであれば、検索結果はこのようになるかと思います。
003

何らかのサイトが表示されれば、中古のドメインということになります。
ただ、中古ドメインであるからダメという訳ではなく、有害と感じるサイトではなさそうで、かつこれから作る予定のコンテンツに近ければ、逆に検索にヒットしやすいので有利になる場合もあります。

そして、中古ドメインの場合、後一つ調査をしたいと思います。

3.ブラックリストに登録されているか調べる

中古ドメインで一見良さそうに見えるサイトでも、ブラックリストに掲載されていてペナルティを受けているとかなり軌道修正に労力を取られますので、そのリスクがないかを調査します。
スパム行為を行っていると、ブラックリストに掲載されるようです。

調査できるサイトは、こちらです。
004

4.ドメインを取得する

では、今回取得したい「pgnyumon.com」、新規ドメインなので、気兼ねなく取得したいと思います。
005

今回は、「ムームーIDをお持ちの方」でログインします。
まだお持ちでない方は、「新規登録」から進めてください。
006

今後、DNSサービスは「Amazon route53」を利用したいと考えているのですが、、、Google先生に聞いた所「ムームーDNS」で良い感じなので、ひとまず、これでいきます。
「ムームーメール契約」については、チェックを付けておきます。
後は、そのままで「次のステップ」をクリックしました。

007

 

こちらは、特に必要がなかったので、そのまま、「次のステップへ」をクリックしました。
008

 

後は、確認画面で、自身の選択に間違いがないか確認してください。
009

 

間違いなければ「取得する」をクリックします。
010

 

取得ができたようです(≧∇≦)
012

 

ひとまず、今日は、ここまでです(^-^)ゞ

 

次の記事は、「STEP2 : AWSのアカウントを取得!」に続きます!


ムームードメインは管理画面が使いやすく、料金も手頃です!初心者、中級者にはおすすめのドメイン取得、管理サービスです。ロリポップレンタルサーバーにも設定しやすいです)^o^(。


AWSおすすめ書籍

AWSの勉強で参考になった書籍です!

AWSで質問したいことがある!

Teratail(テラテイル)

WEBエンジニア専用のQ&Aサイトです。AWSに関しての質問や回答も活発に行われています。ぜひ、会員登録をして利用してみると良いと思います(^o^)

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】