【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して利用する

【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して利用する

こんにちは、こばやしよしのり @yoshiii514 です。

SwiftUIのColorをextensionで管理したのちに、利用する方法を解説します。

Colorをextentionで管理する手順

手順1:カラーの設定

まずは、プロジェクトを作成して、使用するカラーを登録します。
実際のアプリ開発では、背景・ボタン・テキストなどのカラーを直接にコードへ指定することはなくて、事前にカラー登録します。ライトモード、ダークモードにも対応できるので、カラーはAssets.xcassetsに登録して使うようにします。

【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して利用する

❶プロジェクトを作ります。今回は「UserColor」としました。
❷[Assets.xcassets]を選択します。
❸「+」をクリックして、サブメニューを表示
❹[Color Set]を選択します。

【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して、SwiftUIで利用する

上図のように、使用するカラーを登録します。ここでは、FontColorとBackgroundColorを登録しています。

手順2:登録したカラーをextensionでまとめる

extensionとは、拡張するという意味です。
クラス、構造体、列挙型に対して機能を拡張できます。拡張は追加するという意味合いです。

【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して利用する

❶「ColorExtention.swift」というSwiftUIファイルを作ります。
❷Color(カラーを管理する構造体)に、プロパティを追加します。以下のコードを追加しました。

import Foundation
import SwiftUI

extension Color {
    static let customFontColor = Color("FontColor")
    static let customBackgroundColor = Color("BackgroundColor")
}

これで、Colorには、customFontColor、customBackgroundColorという新しいプロパティが追加されました。

このように、extensionを使うことで、定義したカラーが一元管理できるようになります。

手順3:SwiftUIでextensionしたカラーを利用する

【SwiftUI】Color(カラー)をextensionで一元管理して利用する

❶「ContentView.swift」を選択します。
❷❸bodyプロパティを以下のように修正します。


var body: some View {
    ZStack{
        Text("Hello, world!")
            .padding()
            .foregroundColor(Color.customFontColor)
    }
    .background(Color.customBackgroundColor)

}

❹[Resume]ボタンをクリックしてプレビューを再描画します。画面背景が[Assets.xcassets]で指定した配色に変わっていることを確認してください。

UIColorをextensionで管理するメリット

わざわざextensionを使って管理するメリットを考えたいと思います。

メリット1.コード入力での入力ミス(不具合)をなくす

SwiftUIのColorは直接に[Assets.xcassets]で作ったカラーを指定することができます。


// 直接にカラーを指定
Color("FontColor")

ただ、この場合は””(ダブルクォーテーション)で囲まれた部分は文字列となり、この文字列のチェックはXcodeではできません。(コンパイル時にチェックできない)
そのため、次のようなコードの入力ミスは事前にチェックすることができないです。


Color("FontColo")
Color("FontColorr")
Color("fontColor")

「””」を利用したコードがたくさんあると、それだけで不具合のリスクが高くなります。
そのため、extensionで「””」を利用したコードを一元管理して、プロパティ化することで、入力ミスを防いでいます。

メリット2.カラーの変更が用意にできる

カラーの変更をすることが多いですが、これもextensionを利用することで、簡単に変更することができます。

本記事で使用したプロジェクトファイル

 Xcodeプロジェクトファイルはこちらから閲覧できます。

この記事がお役に立てましたら、ぜひTwitterで感想をお聞かせください😊

アプリ開発が学べる勉強会を開催中!
プログラミング初心者向け、アプリ開発ノウハウ、エンジニアキャリアについてのイベントを開催!アプリ開発を学ぶための勉強会を定期開催しています。
学習する習慣を身につけたい、他の参加者と作業したい、アプリ開発の基本をマスターしたい、という方のために無料で学べる勉強会です。
グループにメンバー登録して頂くと、イベント開催時にメールで通知されます。
 グループのメンバーとして参加する
たった3ヶ月でマスタできるiPhoneアプリ開発集中オンライン講座開講!
たった3ヶ月でマスタできるiPhoneアプリ開発集中オンライン講座開講!
本書「iPhoneアプリ開発集中講座」を執筆している現役エンジニア講師陣が直接に指導!
基礎、課題実習で実践力を鍛えて、オリジナルアプリ公開までチャレンジ!
充実した転職支援もあるので、エンジニアへ転職したい人にもおすすめです!
現役エンジニアに相談できる無料相談会を開催中!