Xcodeで「Failed to register bundle identifier」「No profiles for ‘XXXXX’ were found」エラーへの対応

Xcode10で「Failed to register bundle identifier」エラーへの対応


Xcode10 で Team(チーム) の設定をしたあとに、よく表示されるエラーメッセージとして、「Failed to register bundle identifier.」があります。エラーメッセージの内容と対応方法を記述します。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関してのエラー対応として記載しています。

※Xcode10 で動作検証していますが、他のXcodeバージョンでも参考にすることができます。

Xcode10での「Failed to register bundle identifier」「No profiles for ‘XXXXX’ were found」エラーの理解

まず、エラーメッセージの内容を日本語訳して理解します。

Xcodeで「Failed to register bundle identifier」「No profiles for ‘XXXXX’ were found」エラーへの対応

Failed to register bundle identifier

エラーメッセージ:
Failed to register bundle identifier.
The app identifier “Swift-Beginners.MyFirst” cannot be registered to your development team. Change your bundle identifier to a unique string to try again.

日本語訳:
「bundle identifier」の登録に失敗しました。
「app identifier」の「Swift-Beginners.MyFirst」をあなたのチームに登録することはできません。 「bundle identifier」を一意の文字列に変更してもう一度試してください。

No profiles for ‘XXXXX’ were found

エラーメッセージ:
No profiles for ‘Swift-Beginners.MyFirst’ were found.
Xcode couldn’t find any iOS App Development provisioning profiles matching ‘Swift-Beginners.MyFirst’.

日本語訳:
‘Swift-Beginners.MyFirst’のプロフィールは見つかりませんでした。
Xcodeは、’Swift-Beginners.MyFirst’に一致する iOSアプリケーション開発プロビジョニングプロファイル を見つけることができませんでした。

エラーへの対応方法

XcodeでTeam(チーム)を設定したときに、Apple Developerへ「bundle identifier」の登録をおこなっているようです。
そのために、新しくプロジェクトを作成して、過去と同じ「bundle identifier」を使用してしまうと、Apple側で「bundle identifier」が重複してしまうことになります。

Xcode10で「Failed to register bundle identifier」「No profiles for ‘XXXXX’ were found」エラーへの対応

上図のように「bundle identifier」の末尾に日付を入力したあとに、「Try Again」ボタンを押すとエラーが解消されます。「bundle identifier」が重複することがエラーの原因ですので、重複しないようにIDを設定することで、エラーは解消されます。

実際のアプリ開発では、「bundle identifier」は慎重に決める必要がありますが、書籍等で勉強するだけであれば上記の対応で十分です。


Swift,iPhoneアプリ開発でおすすめ書籍

Swift,iOSアプリ開発が学べるオンライン講座

好きな場所で好きな時間に受講できるオンライン講座!Swift,iOSアプリ開発も学ぶことができます!

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、iPhoneアプリ開発やSwift言語の講座もあります。一度、購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!世界中の人達が講座をアップロードしているので、学びたい講座が必ず見つかる。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


CodeCamp(コードキャンプ)

現役のエンジニアがマンツーマンで個別指導を行っています。iPhoneアプリコースがあり、オリジナルアプリをSwift言語を使って制作していきます。無料体験レッスンが受講できるので、気軽に受講体験ができます。
iPhoneアプリ(Swift)開発コース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください