[Swift]CoreDataで使っているSQLiteファイルの格納場所を探す方法

[Swift]CoreDataで使っているSQLiteファイルの格納場所を探す方法

こんにちは、こばやしよしのり @yoshiii514 です。

CoreDataのデータベースはSQLiteを使っています。

XcodeではCoreDataの中身を確認するツールはないため、データを確認したいときは「DB Browser SQLite」を使います。これにはSQLiteファイルの場所を知っておく必要があります。

Xcodeで「RescueModel.xcdatamodeld」という名前でCoreDataのModelを作成した場合は、「RescueModel.sqlite」というファイルが作成されますので、このファイルを探します。

方法1.コンソールコマンドで探す

Devicesディレクトリに移動。

$ cd ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices

findコマンドでsqliteファイル名を指定して検索。「RescueModel.sqlite」は例なので、適時変更してください。

$ find . -name "RescueModel.sqlite"

方法2.Finderを起動して探す

Devicesディレクトリに移動。

$ cd ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices

finderを起動。「open .(ドット)」でfinderが起動できます。覚えておくととても便利です。

$ open .

Devicesディレクトリで、finderが起動するので、検索窓で目的のsqliteファイルを検索します。

[Swift]CoreDataで使っているSQLiteファイルの格納場所を探す方法

動画で学ぶiOSアプリ開発講座を公開!
「体験しながら学ぶ」最短での脱初心者カリキュラムiPhoneアプリ開発集中講座[オンライン版]Mac・Xcode12・iOS14・Swift5.3・SwiftUI完全対応
「体験しながら学ぶ」ことで、最短での脱初心者を目指すアプリ開発講座です。

【本講座に含まれているもの】
・全額返金保証
・Swift文法解説
・SwiftUI完全対応
・サンプルアプリ6本作成
・チャットサポート(Slack)

執筆陣が徹底解説、サポートをします💪
 【先行ユーザー特典!先着10名様40,000円OFF】 iPhoneアプリ開発集中講座[オンライン版]