STEP12:GitHubに、新規リポジトリを作成してコミットしよう! #GitHub


前回までで、Railsプロジェクトの新規作成と、Gemfileの追加ができたので、今回は、GitHubにリポジトリを作成してコミットする所まで、行いたいと思います。

1.GitHubに、新規リポジトリを登録する

下記の、プラスマークをクリックします。
001

 

新規作成した、Railsプロジェクト名と同じ名前を入力します。
002

GitHubの除外ファイルを登録する

「.gitignore」ファイルに、gitで管理したくないファイル・ディレクトリを登録することで、GitHubの登録から除外ができます。

vi .gitignore
.DS_Store
*.swp
/vendor/bundle/

Railsプロジェクトに、READMEを追加します。

echo "# pgnyumon" >> README.md

ローカルリポジトリを生成します。

git init

ローカルリポジトリに、ファイルを登録します。

git add .
git commit -m "first commit"

リモートリポジトリに、pushします。

git remote add origin https://github.com/mustacheyork/pgnyumon.git
git push -u origin master

これで、GitHubへの、ファーストコミットは完了しました。

 

今回は、ここまで!

 


Ruby on Railsおすすめ書籍

Ruby on Railsが学べるオンライン講座

好きな場所で好きな時間に受講できるオンライン講座!

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、Ruby on Rails講座やRuby講座もあります。一度、購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!世界中の人達が講座をアップロードしているので、学びたい講座が必ず見つかる。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


CodeCamp(コードキャンプ)

現役のRubyエンジニアによる個別指導で、Webサイト制作を基礎から習得できます。無料体験レッスンが受講できるので、気軽に受講体験ができます。
Ruby と Ruby on Railsマスターコース



One thought to “STEP12:GitHubに、新規リポジトリを作成してコミットしよう! #GitHub”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください