Xcodeのプロジェクトフォルダの探し方と関連ファイルの圧縮方法について

Xcodeのプロジェクトフォルダの探し方と関連ファイルの圧縮方法について


Xcodeでアプリを制作中に警告やエラーメッセージが表示されたときに、だれかに相談することがあると思います。そのときに、「プロジェクトファイルを送ってください」や「プロジェクトフォルダを丸ごと、この場所にコピーしてほしい」と言われることが多いです。

次の手順であれば、Xcodeのプロジェクトファイルにすばやくアクセスできて、ファイルを引き渡すことができます。

Xcodeプロジェクトフォルダの探し方と関連ファイルの圧縮方法

Xcodeのメニューから[File]→[Show in Finder]をクリックします。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

Finderが開きますので、この中にあるフォルダとファイルがXcodeのプロジェクトに関連するものになります。
今回の場合は、「MyJanken」というフォルダと、MyJanken.xcodeproj というファイルが見えます。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

画像等が含まれているときはフォルダのサイズが大きくなりますので、フォルダとファイルを選択して、まとめて圧縮します。
圧縮する方法は、フォルダとファイルを選択して、サブメニューから「2項目を圧縮」を選択します。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

圧縮が完了すると、「アーカイブ.zip」という名前で圧縮ファイルが作成されますので、このファイルを渡してあげてください。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

Swift,iPhoneアプリ開発でおすすめ書籍

Swift,iOSアプリ開発が学べるオンライン講座

好きな場所で好きな時間に受講できるオンライン講座!Swift,iOSアプリ開発も学ぶことができます!

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、iPhoneアプリ開発やSwift言語の講座もあります。一度、購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!世界中の人達が講座をアップロードしているので、学びたい講座が必ず見つかる。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


CodeCamp(コードキャンプ)

現役のエンジニアがマンツーマンで個別指導を行っています。iPhoneアプリコースがあり、オリジナルアプリをSwift言語を使って制作していきます。無料体験レッスンが受講できるので、気軽に受講体験ができます。
iPhoneアプリ(Swift)開発コース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください