STEP8:Amazon EC2インスタンス(AWS )に、Mosh(Mobile shell)で接続しよう!#AWS

Pocket
LINEで送る

前回の、「STEP7:EC2インスタンスに、SSH公開鍵を登録しよう!」までで、EC2の独自ドメインにSSHができるようになりました。
ただ、SSHですとすぐに切断が途切れてしまします。他の作業をしていて再度ターミナルに戻ると切断されていたり、パソコンがスリープ状態になった後も切断されたりしますので、とても不便です。
その問題を、改善してくれるのが「Mosh」です。


「Mosh」は「mobile shell」の略で、接続が不安定なインターネット環境(モバイル環境のような)でも快適に作業ができるアプリケーションです。
自動的に再接続を行なってくれて、IPアドレスが変わっても接続が切れないという、複数の場所で作業を行う方にはとても便利なツールです。
必要な作業は、EC2サーバとクライアントにインストールと、EC2のセキュリティグループの追加です。
ひとつずづ、やってみましょう。

 

1.EC2のセキュリティグループの追加

「EC2 ダッシュボード > セキュリティグループ」から、設定したいEC2インスタンスに適用されているセキュリティーグループを選択します。
「インバウンド」タブを選択して「編集」をクリックします。
002

 
「インバウンドルールの編集」画面が表示されます。
「ルールの追加」をクリックして、「タイプ」で「カスタムUDPルール」を選択します。
ポート範囲には「60000-61000」を設定して、「保存」します

EC2インスタンスに、Moshで接続しよう!

 

2.EC2インスタンス(サーバ側)に、Moshをインストール

サーバ側にも「Mosh」を、インストールする必要があります。
EC2インスタンスを生成してから、一度もyumのアップデートを行っていなかったので、作業の前に実行しておきます。

$ sudo yum update

必要なツールをインストールします。

$ sudo yum install git autoconf automake gcc gcc-c++ make openssl-devel
$ sudo yum --enablerepo=epel install zlib-devel ncurses-devel protobuf-devel

GitHubから落としてきてインストールを行います。

$ mkdir work
$ cd work/
$ git clone https://github.com/keithw/mosh.git
$ cd mosh
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

 

3.クライアントにインストール

Macの方は、brewでインストールができます。

$ brew install mobile-shell

Windowsの方は、Cygwinにインストールして使うようです。

$ apt-cyg install mosh

 

4.接続確認

接続できるか確認しましょう!

mosh kanako@pgnyumon.com

 

今回は、ここまでですー。

 

前回の記事は、「STEP7:EC2インスタンスに、SSH公開鍵を登録しよう!」
次の記事は、「Amazon Linuxに、Ruby + Railsのインストールをしよう!」


AWS が学べるオンライン講座

オンライン講座なら、好きな場所で好きな時間に学習できます。AWS も学ぶことができるので、ぜひ、活用しましょう。

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、AWS講座もあります。頻繁に講座のバーゲンセールスが実施されているので、価格をチェックしましょう!購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


RaiseTech(ライズテック)

RaiseTechは最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクール。AWSフルコース、AWS自動化コースとAWS講座が充実!
【RaiseTech】最速で稼げるプロになるエンジニアリングスクール


Pocket
LINEで送る

かな

この記事を書いた人。 質問は、Twitter で受付けしています。 Java、PHP、Ruby on Rails、JavaScriptを経験してきたエンジニア。スタートアップやベンチャーで働くのが大好き!テニスコート予約サービスの開発 をしています。 4年連続出版【iPhoneアプリ開発集中講座】の著者。プロフィールの詳細はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください