Use_of_unresolved_identifier

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)


Xcode10で、「Use of unresolved identifier ‘answerImageView’; did you mean answerImageView?」というエラーが表示されたときの対応です。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関してのエラー対応として記載しています。

エラーメッセージの「Use of unresolved identifier」は、日本語では「未解決の識別子の使用」という意味です。
今回の場合は、「answerImageView」という識別子(この記事では変数という呼び方)が、宣言されていない(Xcodeで認識されていない)のに、いきなり使用されている!ということへのエラーです。ここでの使用とは、変数への代入や参照です。

エラーの原因の大部分は入力ミスです。Xcodeでは、アルファベットの大文字・小文字を区別します。落ち着いて、打ち込んだスペルを確認します。

UIパーツとの関連付けで入力ミスがないかを確認

Xcodeでは、UIパーツと関連付けすることで、UIパーツを操作するための変数を宣言します。このときに、関連を示す名前が間違って入力されていることがあります。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

例えば、②の「answerImageView」で、「Image」 の 「I(アイ)」 は 「i(アイ)」 の大文字です。 「l(エル)」 ではありません。
もし、関連付けでミスがあった場合は、関連付けを削除して、再度、設定をやりなおします。関連付けの削除は、本書のP105に掲載されていますので、参考にしてください。

追加したコードのスペルに入力ミスがないかを確認

Xcodeでは、アルファベットの大文字・小文字を区別しますので、正確に入力する必要があります。

New photo by Yoshinori Kobayashi / Google Photos

「answerImageView.image」で、関連付けした変数を利用してますが、このときに、入力が間違えているとエラーになります。
このように宣言した変数と実際に利用するときの変数の名前が、間違っていないのかをよく確認する必要があります。


書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座」には、公式サポートページがあります。ご質問や相談に関しては、公式サポートページよりお問合せください。


Swift,iPhoneアプリ開発でおすすめ書籍

Swift,iOSアプリ開発が学べるオンライン講座

好きな場所で好きな時間に受講できるオンライン講座!Swift,iOSアプリ開発も学ぶことができます!

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、iPhoneアプリ開発やSwift言語の講座もあります。一度、購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!世界中の人達が講座をアップロードしているので、学びたい講座が必ず見つかる。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


CodeCamp(コードキャンプ)

現役のエンジニアがマンツーマンで個別指導を行っています。iPhoneアプリコースがあり、オリジナルアプリをSwift言語を使って制作していきます。無料体験レッスンが受講できるので、気軽に受講体験ができます。
iPhoneアプリ(Swift)開発コース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください