Use_of_unresolved_identifier

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)


Xcode10で、「Use of unresolved identifier ‘answerImageView’; did you mean answerImageView?」というエラーが表示されたときの対応です。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関してのエラー対応として記載しています。

※最新版の書籍は、次のページをご確認ください。

エラーメッセージの「Use of unresolved identifier」は、日本語では「未解決の識別子の使用」という意味です。
今回の場合は、「answerImageView」という識別子(この記事では変数という呼び方)が、宣言されていない(Xcodeで認識されていない)のに、いきなり使用されている!ということへのエラーです。ここでの使用とは、変数への代入や参照です。

エラーの原因の大部分は入力ミスです。Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別します。落ち着いて、打ち込んだスペルを確認します。

UIパーツとの関連付けで入力ミスがないかを確認

Xcodeでは、UIパーツと関連付けすることで、UIパーツを操作するための変数を宣言します。このときに、関連を示す名前が間違って入力されていることがあります。

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)

例えば、②の「answerImageView」で、「Image」 の 「I(アイ)」 は 「i(アイ)」 の大文字です。 「l(エル)」 ではありません。
もし、関連付けでミスがあった場合は、関連付けを削除して、再度、設定をやりなおします。関連付けの削除は、本書のP105に掲載されていますので、参考にしてください。

追加したコードのスペルに入力ミスがないかを確認

Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別しますので、正確に入力する必要があります。

Xcode10の「Use of unresolved identifier」エラーが表示されたときの対応(Swift4.2)

「answerImageView.image」で、関連付けした変数を利用してますが、このときに、入力が間違えているとエラーになります。
このように宣言した変数と実際に利用するときの変数の名前が、間違っていないのかをよく確認する必要があります。

まとめ: Use of unresolved identifier エラーへの対応

  • UIパーツとの関連付けで入力ミスがないかを確認する
  • 追加したコードのスペルに入力ミスがないかを確認する
  • Xcode(Swift)では、アルファベットの大文字・小文字を区別されるので確認する

このページには掲載されていない、新しいエラーメッセージが表示されたときは、問合せページよりご連絡ください。
また、このページに従って対処したが、エラーメッセージが解消されない場合もご連絡ください。
 お問合せページはこちら

動画で学習したい方は、次のUdemy講座がおすすめです。基礎から学習できるので、本書と合わせて学習するとより効果的でしょう。
Udemy講座は、頻繁にセールスがおこなわれているので、価格をチェックしてみてください。
 Udemy講座:「【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp」 の価格をチェックする

iPhone アプリ開発講座のプログラミングスクールを開催中!

書籍「たった2日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座」を活用した、ハンズオン(手を動かす体験学習)形式のスクールを開講しています。

書籍の執筆陣が直接にご指導しますので高い受講体験を得ることができ、初心者の方がつまづきやすい、最初の学習期間を大幅に短縮することができます。
個人でアプリ開発をしたい方から、企業様の研修まで幅広く受講できますので、ぜひ、ご活用ください。


よっしー

この記事を書いた人。 質問は、Twitter で受付けています。 エンジニア歴は約20年のフリーランスエンジニア。自分たちの資産になるWebサービスやアフィリエイトブログや新規事業が大好き。テニスコート予約サービスの開発 をしています。 4年連続出版【iPhoneアプリ開発集中講座】の著者。プロフィールの詳細はこちら。