Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法


Xcodeをはじめて使う人にとって、iPhone画面のUIパーツとプログラムコードとの関連付け(紐付け)は、とても理解が難しいと思います。
関連付けと、その削除方法を動画で解説しました。

※この記事は、書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 10/Swift 4.2対応(2018年10月出版)」 に関して記載しています。

XcodeでUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除の解説(動画)

XcodeでUIパーツとコードの関連付け(紐付け)でのポイント

UIパーツとコードの関連付けについては、本書のP54で掲載されています。

XcodeでUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

① UIパーツをクリックしてしっかりと選択する。

ここでパーツをしっかりと選択していないと、意図していないパーツを関連付けすることになったりして、トラブルの元になる。

② UIパーツを選択した状態で、controlキーを押しながら、クリックしてドラッグします。所定の場所にドラッグしたら、controlキーとクリックキーを外します。外すと、関連付け設定画面が表示されます。

プログラムエディタにドラッグする場所によって、プログラムの動きは変わります。ドラッグする場所を確認することが大切。ドラッグする場所を間違えると、のちのエラーの原因になります。

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

① デフォルトの「Outlet」のまま

② 関連付けの名前を入力します。この名前が、プログラムでこのパーツの使うときの名前になります。

関連付けの設定では、名前を間違えて入力しないように注意します。Xcodeでは、アルファベットの大文字・小文字をしっかりと区別するので、間違えて入力しないように注意。

③ 「connet」ボタンを押す。次のように、「@IBOutlet weak var outputLabel:UILabel!」という、プログラムコードが追加されれば、OKです。

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

XcodeでUIパーツとコードの関連付け削除でのポイント

UIパーツとコードの関連付け削除については、本書のP105で掲載されています。

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

上図のように、関連付けを削除するときはプログラムコードを削除します。

Xcode10でUIパーツとコードの関連付け(紐付け)と削除する方法

プログラムコードを削除しても、関連付けの情報は残っているので、必ず関連付けも削除します。

① 「View Controller」を「control」キーを押しながらクリックすると、サブメニューが表示されます。
② 関連付けが無効な状態の場合は、黄色い三角マーク(警告)が表示されています。
③ 「x」マークをクリックすると関連付けが削除されます。
④ サブ画面を閉じます。


書籍「たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座」には、公式サポートページがあります。ご質問や相談に関しては、公式サポートページよりお問合せください。


Swift,iPhoneアプリ開発でおすすめ書籍

Swift,iOSアプリ開発が学べるオンライン講座

好きな場所で好きな時間に受講できるオンライン講座!Swift,iOSアプリ開発も学ぶことができます!

Udemy(ユーデミー)

オンライン動画学習サイトで、iPhoneアプリ開発やSwift言語の講座もあります。一度、購入した動画は繰り返し使えますので何度でも学習可!世界中の人達が講座をアップロードしているので、学びたい講座が必ず見つかる。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy


CodeCamp(コードキャンプ)

現役のエンジニアがマンツーマンで個別指導を行っています。iPhoneアプリコースがあり、オリジナルアプリをSwift言語を使って制作していきます。無料体験レッスンが受講できるので、気軽に受講体験ができます。
iPhoneアプリ(Swift)開発コース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください